HOME > ブログ

ブログ

榛名湖自然教室に行ってきました その5

こんにちは。
久しぶりの続報です。

二日目はやはり今一つのお天気。
朝ごはんがおいしく食べられるよう、まずはラジオ体操で眠気覚ましです。

みんな元気よく、しっかりと体を動かしました。

当然、講師陣もいきいきと体操しています。



































霧の榛名湖です。

非常に幻想的ではありますが、濃くなると1メートル先も見えなくなります。




































ゲーム大会の決勝の様子です。
スリッパを飛ばして、的を狙います。

がんばれ!!

































こちらはテーブルのはしギリギリをチョロQで狙うゲームです。

真剣なまなざしで応援も行われています。




これら以外の協議も白熱した戦いが行われました。

みんなよく頑張りました。

拍手!!

榛名湖自然教室に行ってきました! その4

みなさん、こんにちは。
榛名湖自然教室の続報です。

夜は講師陣のパフォーマンスから始まります。

今年は講師陣のダンスパフォーマンスです。
マリオとルイージがいますね。




































そしてビンゴ大会です。
みんな真剣そのもの。

さあみんな、何の数字を待っているのかな?



































夜、こっそりと誕生月の講師をお祝いしました。

みんなが寝静まった頃、静かにお祝いです。
子どもたちには内緒です。

榛名湖自然教室に行ってきました! その3

こんにちは。
少し間が空きましたが、榛名湖自然教室のご報告です。
前回はOBに挑戦について触れましたが、初日は到着してからお昼ご飯を食べ、その後短い時間ながらもしっかりと勉強しています。
お楽しみプログラムの前に、学校の宿題を中心として、子どもたちは皆、よく頑張っていました。
次回は初日の夜についてお話しします。




チャレンジしていますか?

僕は小学校3年生から高校まで約10年間バスケットボールをしていました。大学に入って中学校の教員を目指してバスケットボール部の顧問になったときのことを考えたら、ルールを完璧に知っていないと指導ができないと思い、高校のときのコーチに相談して審判を今年の7月からチャレンジしてみようと思いました。そして、9月の審判講習会でC級審判員の資格を取りました!バスケットボールの審判の資格は6段階に分かれていて、上からS,A,B,C,D,Eの6段階に分かれていて、C級は下から3番目の資格になります。まだまだペーペーです。。ですが、今活動している男子高体連では、公式戦はC級の資格からでないと審判が出来ないので、ようやくスタートラインに立てたことになります。まわりが現役の学校の先生ばかりなので緊張しますが、自分が目標としている職についている大人に囲まれてとても良い環境なので大学残り2年半この環境で頑張っていこうと思います!皆さんも何か新しくやりたいことがあったら是非チャレンジしてみて下さい!(PN:カルボナーラ)

海外インターンの感想

 先日2週間ベトナムでインターンシップに参加してきました。私は外国人向けのワインバーのプロモーション活動を行ったのですが実際に事業をするという経験は日本では滅多に出来ることではないのでとても貴重な経験でした。お店に何が足りないのかを考えて解決方法を考えます。どうするかが決まったら必要なものを買いに行って自分たちで作ります。そこまでできたら実際に効果があるかの検証です。ビジネスの流れを知識としてではなく体感できた2週間でした。
 
 この活動中に感じたことは外国の方はとても優しいということです。
欧米人の人に街頭アンケートをお願いすることが何度もあったのですがかなり親切に答えてくれます。こちらの拙い英語を理解してくれようとして、きちんと自分の答えを返してくれます。僕がお世話になっていたホテルのおばちゃんなんかは朝頼んでもいないのにスイカや果物を毎日サービスしてくれました(笑)そんな人の温かさに改めて気づかされました。

 もう1つ思い出深いのは何といってもベトナムの文化です。
まず物価が安い!1食350円あれば満腹になります。日本人の口にあうような味付けなので食事には困りませんでした。私事ですがパクチー嫌いだったのですが現地で食べれるようになりました!(笑)現地の人はバイクでの移動が基本らしく町はバイクで溢れかえっています。現地の人は運転中にあんまり集中していないらしく自分の存在を知らせるためにクラクションを鳴らすようで、町中クラクションの音でいっぱいです。市場ではにわとりが売られていたりすぐ近くで肉をさばいていたりと日本では考えられないようなことばかりでした。

 どうしても日本で生活していると当たり前だと考えている事でも海外に行くと全く常識ではなかったりします。海外にいったことで自分の視野が広がった気がしますし、日本の良さを改めて実感できる機会にもなりました。僕は今回このような経験が出来てとても恵まれていると思います。是非学生のうちに海外に行くことをおすすめしたいと思います。(PN:スピカ)

榛名湖自然教室に行ってきました!!その2

今年の榛名湖自然教室のレポートになります。
今年は、霧というか雨というか、そんな感じの天気でのスタートになりました。
元々台風が接近中ではあったので、天気が良くないのは覚悟していました。
その分、室内でたっぷり遊ばせられるように、講師陣がいろいろな遊びを考えていてくれました。

到着後、みんなでお弁当を食べ、荷物を片づけ、勉強も済ませ、いよいよ遊びです。
OBに挑戦!!
第一弾は風船パタパタです。
講師陣(OB)と子どもたちと、どっちの陣地に風船を多く落とすかの勝負です。

結果は…


全体的に子どもたちグループが勝利を収めていました。

講師陣はやはり運動不足でしょうか、息切れが目立ちますね…

























第二弾はエンドレスオセロです。
子どもたちは蒼に、講師陣は赤にしていきます。

子どもたちの動きは素早く、講師陣は風船パタパタと同様、息切れ気味でした。

北朝鮮のミサイル

最近、北朝鮮のミサイルが非常に話題となっています。私は日本大学の危機管理学部に通っています。学ぶ内容として国防も非常に大きな内容です。
政府によってどのように身を守るのか示されていると思います。すぐにコンクリートの建物の中に入る。物陰にかくれる。窓から離れるなどです。こういった策は紛争の激しいイスラエルなどでもとられている対策です。統計的に見てもこの策をとることによって生存率が上がっています。広島の原爆の際も防空壕にいたため助かった人もいまス。このようなことを活かしていくことはとても大切なことです。地震のような災害と同じように被害を小さくすることは出来ます。日ごろから身の回りの危機に関して考えてみるのも、とてもいいと思います。ミサイルに限らず危機を少しでもマネジメントしてみてください。起こらないだろうではなく、起こることを前提に行動することは被害を被害を最小限にすることがあります。
是非危機について考えてみて下さい。(PN:はらぺこT)

今年も榛名湖自然教室に行ってきました!!

こんにちは。
今年も、毎年恒例榛名湖自然教室に行ってきました。

今年は例年と異なり、貸し切りバスではなく、一般の交通機関を利用しました。
大人数の移動のため、気を付けてはいましたが、ご迷惑をおかけすることもあったと思います。
この場を借りて、お詫びいたします。

さて、今回は午前8時に日吉駅を出発し、武蔵小杉駅でJRに乗り換え、品川での乗り継ぎを経て、高崎駅まで参りました。
この時点で12時近かったのですが、何分大きな駅ということもあり、のんびりする場所もないので、バスで榛名湖畔へそのまま向かいました。

ほぼ貸切に近い状態で乗り込みましたが、子どもたちは地元のお年寄りに自然と席を譲っていました。
今回は小学生が多かったのですが、そうした姿勢はとても大人に見えました。
山道をぐんぐんバスは登りますが、とくに車酔いした子もいなかったようで、安心しました。

榛名湖畔は雨がいつ降ってもおかしくないほどの曇りと霧。
幻想的ではありましたが、そこから定宿の天狗亭まで徒歩で移動しました。

今回大人数の移動ということもありましたが、子どもたちは基本的なルールをしっかりと守り、こちらとしても特に叱ることも必要なく、無事に到着できました。
改めて、子どもたちを素晴らしいと感じました。

この後の様子は、またの機会に記します。

夏期講習が始まりました

いよいよ夏期講習が始まりました。
当教室の夏期講習は、「限界に挑戦」といったすさまじいスケジュールは組んでいませんが、やはり通常授業よりは、遥かに濃密な授業計画および時間割を組んでいます。
部活動や習い事などを持っている子どもたちには、少し大変に感じることもあるでしょう。
でも、この夏を乗り切ったとき、子どもたちの成長をまぶしいほどに感じます。
その日を楽しみに、この夏もしっかりとした講習を進めていきたいと思います。

榛名湖自然教室について~その②

本格的な夏が近づき、日に日に暑くなってきていますが、それとともに夏期講習と榛名湖自然教室も近づいてきました。
今年は例年と異なり、久しぶりの試みとして、電車とバスで移動することとしました。
私が小学生のころは、電車とバスの移動が普通でした。
気がついたら観光バスになっていましたが。

電車の移動は、座っているだけで着く観光バスと異なり、こちらも苦労が多いでしょう。
ですが講師陣たちも前向きにそれを受け入れ、どこに注意すべきかを真剣に考えてくれています。
これから、まだまだ確認すべきことも多いですが、移動もただの移動ではなく、電車ならではの移動を楽しみたいと思います。

1234567

アーカイブ

このページのトップへ